ネコ撃退は難しくありません

昨今のペットブーム、特にネコの人気によって飼育を始めたご家庭も多いことでしょう。

しかし、無責任に捨てたり無計画な飼育により産まれた子猫を捨てることにより野良猫も増加傾向にあります。


一方で、アレルギーなどの問題でネコを飼えない方やネコが嫌いな方もいます。



そんな方々にとって、ネコ撃退は必要不可欠となっています。ネコ撃退にはまず、ネコの活動範囲などの習性を知ることから始まります。ネコの活動範囲は半径50m、遠くても100mが限界とされています。
その中でネコは食事や排泄ができる所や寝床を探します。ネコは自分の活動範囲内で「柔らかい場所」を探します。屋外では柔らかい場所は人工的な環境よりも芝などの自然な環境の方が多いものです。
また、猫は自分のテリトリーに対する執着心が強いことから一度「ここが自分のテリトリーだ」と決めると追い払ってもなかなか諦めません。


水を入れたペットボトルは光の乱反射によるネコ撃退の効果も薄いものです。

ネコ撃退にはまずネコがテリトリーにしたがる環境を無くすことにあります。


万が一、テリトリーとして認識されてしまった場合はそこがネコにとって嫌な場所であると思わせる必要があります。

毎日新聞に関するご質問を解決いたします。

ネコが嫌うのは「光」、「音」、「臭い」です。
光では前述のペットボトルを使った自然光よりLEDなどの機器が有効です。



超音波などを利用した機器も最近では種類が増えてきました。
また、ネコが嫌う臭いを散布する禁忌剤は散布直後は臭いが強いので効果は見込めますが、少しずつ臭いが薄くなることから定期的な散布が必要になります。